2008年10月26日

今週(10/20〜10/24)の相場について

歴史的な一週間になりましたね^^;

生きてるうちにもう一度あるかないかの相場ですw

パニック状態といってもいいでしょうね。

振り返りたくない人もいるでしょうか、

今週(10/20〜10/24)の相場について解説してきます!!

続きを読むからどうぞ〜

今週は歴史的な円高となりました

きっかけはユーロ発の金融不安でした

国がデフォルト(債務不履行)の可能性もあり、

一気にリスク回避の動きになった感じでしたね

10/20(月曜日)は、日曜日にG7があったこともあり

ドル円は始まりから上昇基調

しかし欧州時間は、

102円前半まで上げた分を帳消しにするような下げで101円前半に

その後はNYダウが好調だったこともあり

102円の前半でその日は引けました。

これを見ればわかりますが、株価に乱高下させられる状態です。

ユーロドルも欧州時間までは上昇基調で進み、その後続落。

1.3500前半から1.3300まで下落して

少し戻してその日は引けました。

この日の指標は特に重要なのはなく、株価に左右される展開でし

10/20(月曜日)の15分チャートです。
WS000300.JPG
(クリックで拡大できます)

上からユーロドル・ドル円・ドルスイスになっています。

月曜日は朝六時からなので間違いないようにお願いします。

一日の区切りは、青と赤の区切りで表されています

ちょっと見にくいですが、相場の感じを掴んでもらえればおkです


火曜日(10/21)も、アメリカでの重要指標はなく

朝方にRBA議事録公表があって、内容は弱いものとなり

豪ドルは弱含み

夜には、BOC(カナダ)政策金利発表があり0.25%の利下げでした

この日のドル円は、朝から弱含み102円前半から100円まで下落

ユーロドルは、欧州通貨が売られるにつれて

1.3300後半から1.3000まで大幅下落

NYダウは-200台をつけて引けました

円買い・その他通貨ではドル買いが加速。

10/21(火曜日)の15分チャートです。
WS000301.JPG
(クリックで拡大できます)


10/22(水曜日)は、注目指標はBOE議事録ぐらいでした。

内容は全員一致で利下げでした

他には、ワコビア決算発表などもありましたが(結果は悪いw)

この日は国のデフォルト(債務不履行)の緊張感が高まり

ハンガリー中銀はこの日緊急利上げを実施

ウクライナは国際通貨基金(IMF)から

緊急融資を受けることが明らかになったほか、

アルゼンチンは民間年金基金の国有化を発表

ドル円は、リスク回避の動きが活発になり

100.30円から97円台まで大幅下落

ユーロドルも、1.3000台から1.2700台まで下落

NYダウは2日続落で-500台で引けました

10/22(水曜日)の15分足チャートです。
WS000303.JPG
(クリックで拡大できます)


10/23(木曜日)は、ニュージランドの政策金利発表があり

市場予想通りの1.00%の利下げでした

この日も米国では重要指標はなく、注目は世界の株価に

ドル円は、98円前半から上値が重く

NY時間にはNYダウが軟調気味だったこともあり、96円割れ

その後ショートカバーとNYダウが持ち直したこともあり

ドル円は98円まで上昇

ユーロドルは、前日の安値付近をうろうろするも

NY時間には、1.3000を付ける場面もありました

10/23(木曜日)の15分足チャートです。
WS000304.JPG
(クリックで拡大できます)

10/24(金曜日)は、久しぶりにアメリカで中古住宅販売件数があり

結果はよかったものの、そんなの関係がない展開にw

この日は、100年に一度あるかないかの相場でした^^;

ドル円・ユーロドルともに朝から続落で、

ドル円は97円後半から91円を割るところまで下落

ユーロドルも1.2900から1.2400まで下落

他通貨もリスク回避というよりはパニック的な売りで大幅下落

NY時間に入って、来週FOMCなどがあるので小幅な動きで引けました

10/24(金曜日)の15分チャートです
WS000305.JPG
(クリックで拡大できます)

現在は金利差云々というレベルではなく、

そこにある危険度具合で市場が動いています

今週は欧州発の動きでしたが、

他でも何が起こってもおかしくない状態ですw

こういう時は、下がり方も強烈ですがショートカバーも強烈です

ですから利確も損切りも倍ぐらいの早さがいいかもしれません

それか市場に参加しないというのも一つの手です。

こういう相場を見たことで確実に経験値は上がっているはずなので

また次に近い状況があればこれを活かしていきたいですね

今回使用したチャートはDealBook360です。

豊富なテクニカルと自分好みのカスタマイズが目玉です。

これはGFT系の業者なら使えますのでよかったらどうぞ^^

下のバナーから口座開設できます。
手数料無料の外国為替保証金取引|AFT-FXダイレクトトレード

では今回はこの辺でw

posted by take at 21:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 相場について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。